-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-02-27 Tue
Nantes 2006/2007シーズン 8月
2006.8.5 対 Nice戦 HOME

いよいよ開幕戦
フォーメーションは4?4?2
チーム指示はデフォルトのままで試合に臨んだ。
20060805フォメ

前半は0?0で膠着状態
60分ゴール前でのFK  MCのDimitrijevicが蹴りこんだボールが
相手MCに当たってそのままゴール 
試合は1?0でそのまま終了
なにも特に指示もしなかったがチーム力?で勝利
20060805

支配率 シュート数でも圧倒したが1?0のスコアに多少不満
でも今日は好き勝手に試合させたので良しとする


2006.8.12 第2節 対 Valrenciennes戦 AWAY

前節あまりにもほったらかしだったので、今回はチーム指示はそのままで
個別に指示を与えた
各能力値(ドリブル、クロス等)が15以上のみ戦術を
積極的に変更し それ以外は混合とする

前節エースFariasがケガ 3週間の戦線離脱となったため
Payetをフォワードに起用
試合開始
開始3分 相手キャプテンMRのMaterに25Mの弾丸ミドルを決められ1?0
その後押し気味に進めるも決定力不足 あっさり試合終了
20060812Valenciennes.jpg

シュートの無駄打ちが目立つ、メンタリティを少し低くして(守備的のひとつ前)次節に臨む


2006.8.19 第3節 対 Nancy戦 HOME
2試合でシュート28本 内枠内が8本とやはり無駄なミドルシュートが多い
ロングシュート指示は能力値15未満は全て まれにに変更
試合開始
キックオフ直後左タッチライン沿いを駆け上がったPayet
そのまま直角にゴールライン沿いに切れ込み角度の無い所からゴール
幸先良く1?0と先行初めてのまともな得点
前半21分 ゴール前の混戦からMR Da Rochaがシュート 
キーパーが左にはじいた所を再びPayetが押し込み 2?0
前半で勝負を決めた
そのまま2?0で快勝
20060819Nancy.jpg

シュート9本 内枠内4本 2得点 確実に戦術変更の効果が出た


2006.8.23 第4節 対 Bordeaux戦 AWAY
この試合から試合前スカウトに調査させた 相手キープレイヤーを
厳しくマークして得意な足を使わせない様に指示を出す
前節2得点と好調のPayetが国内で評判になっているらしくメディアに取り上げられた
評価額も上昇し一気に倍になった
試合開始
前半29分 左サイドからフォワードのKeseruがクロスを上げると
相手DFにあたってコロコロとゴール前へ そこへ走りこんだAfanasievが押し込んで
1?0 そのまま守りきって勝利
20060823Bordeaux.jpg

敵のキーマンMicoudをうまく封じ込めボールにあまり触らせなかった様だ
今回もシュート7本 内枠内4本 1得点と確実に得点をあげた


2006.8.26 第5節 対 Toulouse戦 HOME

着実に戦術変更の効果が出てきているのがうれしい
ここ2試合 シュート16本 内枠内8本 3得点と少ないチャンスを
確実にものにする手堅い試合運びで3勝1敗でリーグ3位と好調
ディフェンスも両サイドバックに↓をつけて相手のサイド突破を
あまり許していない 結果4試合で1失点に抑えている
8月最後の試合もきっちり勝って終えたい
試合開始
前半37分 またも左サイド突破からPayetがクロス 
フォワードのKeseruがヘッドで押し込み 1?0
53分 左からのPayetのコーナーキックをDimitrijevicが頭で落として
ゴール前のMC Faeがボレーシュート 2?0
68分コーナーキックから失点
2?1 そのままなんとか守りきり勝利で8月を締めくくった
20060826Toulouse.jpg

今回もシュート5本 内枠内4本 2得点
1失点はさほど身長のない(182cmと186cm)の両CBの弱点をつかれた格好になった
チーム全体を見渡しても185cm以上が2人しかいない
このあたりは次回の補強の際考えないといけない
勝ってはいるが試合ごとにシュート数が減ってきている
消極的すぎではないのか でも結果が付いて来ているので今はそのまま
この戦術を続けていこう

8月戦績

5試合 4勝1敗 得点6 失点2 勝ち点12 リーグ2位

チーム月間MIP Payet
スポンサーサイト
別窓 | FM2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-24 Sat
2006/2007 開幕前移籍
さて新戦力だけどどうしたものか・・・
以下 名前 ポジション 年齢 レギュラー候補◎

Barthez GK 35 ◎ 復活したフランスの守護神
Heurtebis GK 31
Cubilier D RL 27 ◎
Cetto D RC 24 ◎
Savinaud D RC, DM 30
Guillon D LC 24 ◎
Das Neves D C, DM 20
Signorino D/WB L 24 ◎
Morfaw D/WB L 18
Fae DM, M RC 22 ◎
Saidou DM 28
Dimitrijevic MC 22 ◎
Diallo AM R, FC 24 ◎
Da Rocha AM R, FC 31
Zairi AM RL,FC 24 Boavistaより期限付移籍
Payet AM L, FC 19 ◎
Capoue AM L 24
Pieroni ST 25 ◎
Oliech ST 21 ◎


一通り面子は揃っているが得点力不足が実際の順位に反映していると
考え移籍金のほとんどをストライカーに費やすこととした

候補は優れたパサーがチームにいないので
スピードがありドリブルで自ら突破できて、かつヘッドも強い選手ということで
Palermoでヨーロッパの壁に跳ね返されたが昨年Riverで17得点と復活した *3/6訂正
Ernesto Fariasを6.5Mユーロ(¥1.03B)で獲得
Farias

その他は
AMF Mikhail Afanasiev
Afanasiev.jpg

DR Omar Benzerga
Benzerga.jpg
*3/16追記 顔写真がAcapandieでした・・・
GK Piotr Czaplinski
Czaplinski.jpg

MC Emaniel Osei
Osei.jpg

以上 5名を獲得して移籍金をすべて使い果たした。
別窓 | FM2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-23 Fri
7.0.2パッチあてました
いやー7.0.2出てたんだ
もう少し早く気づけばやり直さずにすんだのに・・・
新しいもん好きなもんであてずにはいられませんでした。

イングランド スコットランド イタリア ドイツ
スペイン オランダ フランス ポルトガル の各2部まで

再び無職で開始しました。

その結果今度はTrevisoの職が空いてないようで

Nantesに就任

FCナント(Football Club Nantes Atlantique)は、フランス・ナントに本拠地を置くサッカークラブチーム。

現在はリーグ・アンに所属しており、リーグ優勝8回を誇る。近年はアフリカの若手プレーヤーを積極的に登用し、チームの戦力強化を図っている。

国内タイトル
フランスリーグ:8回

1964年/1965年 1965年/1966年 1972年/1973年
1976年/1977年 1979年/1980年 1982年/1983年
1994年/1995年 2000年/2001年

フランスリーグ・カップ:3回

1978年/1979年 1998年/1999年 1999年/2000年

出典 Wikipedia
Trevisoに比べてはるかにBIGCLUBに就任となった
ナント理事会


実際の今シーズンは19位と降格の危機にある
しかし今度は移籍金も7Mユーロ(¥1.1B)と豊富(チェルシーと比べてはダメ)

アシマネはイタリアのSALERNITANAのコーチ?だったらしい無職の
Cosimo Di Tollaを獲得した

アシマネディトラ


別窓 | FM2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-02-22 Thu
再びゆっくり更新します。
いやー不精なもんでなかなか更新しませんでしたが、
ぼちぼちやります。

データは 1月の移籍を反映(マスチェラーノのリバプール移籍も)
SkinはAquaを使用(パネルがちょっと邪魔)

イングランド スコットランド イタリア ドイツ
スペイン オランダ フランス ポルトガル の各2部まで
無職で開始しました

監督申し込み


とりあえず応募してみる・・・・・・・・・・・・・・

最初に返事をくれた Trevisoに決定

トレヴィーゾFC(Treviso Foot-Ball Club 1993)は、イタリア・トレヴィーゾに本拠地を置くサッカークラブチーム。

1909年に創立されたチームで、1946-1947シーズンに初めてセリエBへ参加。しかしその後チームは低迷し、アマチュアリーグに参加していた時期もあったが、セリエC1、セリエBと復帰を果たし、2004-2005シーズンにセリエBで5位の成績を修め、1度はペルージャとのプレーオフに敗れたものの、ジェノアのセリエC1降格(八百長に対する制裁措置)、トリノのセリエA昇格見送り、ペルージャのセリエC1降格によって久々の昇格を果たしたが、1年で降格した。       出典 Wikipedia

昨年セリエAで最下位 3勝しかできなかった
1909年設立だが一時アマチュアにいたためかFM2007では1993年設立となっている

理事会反応



現在 インテルとフィオレンティーナの傘下となっている 
優秀な若手でもローンで出してほしいものだ

最初にスタッフを全員相互契約打ち切りで解雇 モチベーションが1 意欲が1ではね・・・

一番大事なアシマネには 無職だった元ミランのテクニカルアシスタント Luigi Balestra を起用した。

バレストラ

別窓 | FM2007 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| FM2008監督日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。