-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-09-20 Thu
初観戦!!
いやーやっぱり生はいいっスね。
箱庭サッカーと遠い欧州サッカーのテレビ観戦ばかりでしたが、
会社の同僚に誘われ昨日のACL 浦和 vs 全北現代 (埼玉スタジアム2002)
いってきました。
すごいとは聞いていたけどレッズサポーターの地鳴りの様な応援。
・・・・・・・・・・震えました。
レプリカユニフォームを借りて、タオルマフラー(自分で購入)をまいて、応援コール(チャントとかいうらしいです)する時の一体感。
3万人以上が大合唱する迫力ったらないです。
一度行ってしまえばもうこれから抜けることは出来ませんね。きっと
家に帰ったら早速レプリカユニフォームを購入してしまいました。
ハマりそうです。

ウィーアーレッズ!!

結果 浦和 2 ? 1 全北現代
別窓 | 浦和レッズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-08-30 Thu
プエルタ選手に捧ぐ
心よりお悔やみ申し上げます 合掌
別窓 | 欧州サッカー | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-05-14 Mon
アンダルシアの熱い風 Jose Capelin 06/07シーズン Sevilla ?
UEFAスーパーカップ前夜

モナコに8月の熱い太陽の照りつける中 
多くの高級マンションの立ち並ぶ町並みに浮遊している様に突如現れる
Stade Louis ?スタジアム
AS Monacoのホームスタジアムにもかかわらずキャパシティはわずか18,524人
世界で2番目に小さいこの国ではこれでも十分なのだろう
チケットはバルセロナとセビージャには各5000枚が割り当てられたが
その他の8000枚も完売 セビージャも、8機のチャーター便と50台のバスを
サポーターのために用意した。

UEFAチャンピオンズリーグ 覇者 FCバルセロナ
UEFAカップ覇者 セビージャFC
バルサにとっては、世界ツアーを終えた後で、リーガ開幕前の完全な調整期間
エトーやロナウジーニョは果たしてピッチに現れるのか
対してセビージャの方は今年5月にクラブ創立100年目につかんだ初の国際
タイトルの重みをしっかりと受け止め更なる栄誉に向かって高いモチベーション
を維持していた。

試合前の会見でCapelinは
「記者の方々は就任会見の私の言葉を覚えているだろうか。」
もちろんだ。この監督がただの空想癖のある青年か 
観客に白いハンカチを振られて耳を2つ与えられる本物のマタドールか
見極めるつもりでモナコまで来たのだから。
「でも今日は相手が、過酷なバカンス帰りでお疲れの様だから。この試合では
何もはっきりさせられない事が残念だ」
勝つつもりだ。いや勝って当然で、この試合に勝利しても評価してくれるなと
言わんばかりだ。リーガ前年優勝クラブと5位のクラブの対戦だと言うのに
「UEFAカップで優勝したことで、我々は大きな自信を得た。私は、その自信を
そのまま強さに変える事が前任のRamosの築いたこのクラブに対する義務だと
思っている。せっかく来てくれたペーニャをがっかりさせる様な試合には
決してしないつもりだ」

対するFrank Rijkaard監督は
「我々のことを熟知しているだけに、同じスペインのチームと戦うのは難しい。
それは間違いない。見ごたえのある対戦になると思う。選手達からは自信が
感じられるし、試合に向けた準備も万全だ。同時に我々は、UEFAカップ優勝で
頂点に立ったセビージャにも敬意を払っている。とにかく、勝負の行方は実際に
戦ってみるまで分からない」

あきらかに自信なさげなコメントだった

今日はカジノにもいかずにホテルに真っ直ぐ帰ろう。
明日はカジノ以上の興奮が待っているのだから。

                            MARCA記者 Raul Garcia
別窓 | FM2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-05-13 Sun
アンダルシアの熱い風 Jose Capelin 06/07シーズン Sevilla ?
「はっきりと断言する2強時代は終わった。」
新監督の就任会見での冒頭彼はこう切り出した。続けて
「リーガは新しい時代へ動き始めている。その先頭を走るのは
 もちろん我らがSevillaだ。」
経験の少ない新人監督の第一声に会見場の記者たちから歓声とも嘲笑ともとれる声があがった。
「ただし」
その声をさえぎるように彼は続けた。
「私の戦術を十分に理解することができ、がむしゃらにボールを追い続ける事ができる優秀な
「選手」と熱烈な「ペーニャ」の声援が必要だ。」
僅かな沈黙ののち
「幸いそのどちらも私には与えられているようだ。勇敢な「マタドール」と情熱的な「カルメン」を」
---------------------------------------------------------------
セグンダリーグで61試合の出場経験しかもたない選手だったJose Capelin
その後22歳でハンガリーリーグに渡りMTKブタペストに所属
そこで99/00シーズンHenk ten Cate監督と出会う。
以後アシスタント兼通訳としてオランダ NAC Breda で3年
そして FC Barcelona で3年
Henk ten Cateの傍らには常に彼がいた。ten Cateの推薦で
バルサのカンテラの15-16歳のカデッテAの指揮を1年
17-20歳のフベニルAを2年指揮しただけでトップチームの指揮は経験が無い
前任監督のJuande Ramosはセグンダリーグ時代にJoseに海外リーグ行きを
勧めた人物だった。
優れた指導者との出会いと強運を持つこの新人監督
私はこの青年が強運だけではない何かを持っている予感がした。
それはやがて確信に変わっていく事となる。
                           MARCA記者 Raul Garcia

別窓 | FM2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-03-01 Thu
Nantes 2006/2007シーズン 9月 10月
2006.9.13 第6節 対 Renne戦 AWAY
ベルギー代表フォワードPieroniのヘッドで先制したが立て続けに
ゴールを奪われ逆転される 後半も追加点をあげられ3?1で敗戦
20060913Rennes.jpg

だが点差の割りに内容は悪くない


2006.9.16 第7節 対 Sedan戦 HOME
Fariasが2得点と結果を残す フランス語も基本的な会話を覚え連携も良くなったか?
3?0で完勝
20060916Sedan.jpg


2006.9.19 Coupe de la Ligue 2ラウンド 対 Guingamp戦 AWAY
リーグカップの緒戦 少し若手にもチャンスをと思いメンバーを落としたのが失敗か?
2?0で緒戦敗退
20060919Guingamp.jpg



2006.9.23 第8節 対 Lille戦 AWAY
強豪Lilleとの対戦
立ち上がり8分間に2失点 前半終了間際1点返すも
後半同点に追いつくのがやっと 両キーパーの好セーブが目立った
2?2のドロー
20060923Lille.jpg


2006.10.1 第9節 対 Saint-Etienne戦 HOME
相手反則からのセットプレーから2得点 Faeのミドルでの得点も光った
4?1と快勝
20061001Saint-Etienne.jpg



2006.10.15 第10節 対 Monaco戦 AWAY
オウンゴールで幸運にも先制したが、Menezの個人技と
Kollerの高さに屈する 2?1で敗戦
20061015Monaco.jpg


2006.10.28 第11節 対 Le Mans戦 AWAY
数字以上に押していた前半 SavinaudのPK失敗後
Fariasがディフェンスライン突破から コーナーを狙ったシュートで先制
後半ホームアドバンテージか 反則を多く取られセットプレイからのピンチが続く
試合終了間際にまたもヘッドで合わせられ失点
1?1のドロー
20070301192444.jpg


調子が落ちてきたか? 相変わらずシュートは確実に枠に行っているが
決定力不足? それと高さ負けなのかゴール前の競り合いでCBが負ける
ポジショニング 勇敢さ 集中力などメンタルは15以上なので
やはり体格差か・・・ 大型CB求む!!

9月 10月戦績

リーグ
6試合 2勝2敗2分 得点12 失点11 勝ち点9 
リーグカップ
1試合 1敗 得点0 失点2 2ラウンド敗退
リーグトータル
11試合 6勝3敗2分 得点18 失点13 勝ち点21 リーグ4位
別窓 | FM2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | FM2008監督日誌 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。